きおろし

とある大学生のブログ

安倍首相に新型コロナ対応の質問をするライブ動画を見たが、期待外れだった

一時間余りのライブ動画を見た。

f:id:ogw0206:20200506195428j:image

私たち国民のSNS上のコメントを安倍晋三首相が答える形だった。多くの人が高評価?したコメントが挙げられたが、その数も少なかったのでその点は期待外れだった。(もちろん安倍首相の曖昧な答えも)

とにもくにも安倍さんは最初から緊張されていた様子が動画からでも伺えた。私からすると、それはいつもの行動・政策が自信のなさの表れと言える。それもあったのか、馬場アナウンサーから「具体的にはいつか?」と何度も問われたが、なんだかはぐらかしているような感じがして見ている側からすると残念な気持ちというよりかは、失望感を覚えた。(既に失望してるが、さらに失望した。日々失望)

安倍さんは、いつもいつも質問にはっきり答えず、「検討する」だの「考えていきたい」そして今日はアナウンサーから困窮された方に対する給付金の支給はいつごろできるかと問われたところ、「なるべく早く」など具体的な期間を言及されなかった。いつもこのような曖昧な答え方をしていて、政策に現れてる感じが全くしない。

確かに、日本は民主主義の国であるので、中国や北朝鮮の独裁国家級のような、トップが命令すればすぐに始まるというような対応は求めてないし、求めようとも思わない。しかし、日本は台湾をはじめ欧米諸国に比べ、遅すぎるしみみっちい政策しかできていない。

日本は感染者が少ないことを海外から賞賛されている。しかしそれは政府のおかげではないので、あたかも政府の手柄にしたり、慢心したりするのはもってのほかだ。感染者が少ないのは海外に比べ、人と人の接触が少ない文化の影響や、何よりも日本は島国であるので人々の移動が少ないという理由もあるのではないだろうか。

個人的に気になった点がある。それは、大学などの研究機関も活用すれば、1日10万件も検査できると山中教授が言及されたが、政府の専門家はこれを提案しなかったのだろうか。仮にされていたとしても、政府が動かないのはなぜか?やっぱりコロナを収束する気はないのか?それとも政府のお金がもうないからとケチってるのか?大きな疑問である。これについても首相の回答がはっきりしないので、困ったものだ。

2点目に、今回のライブ動画の社会・経済に関する3つ目の質問で、山中教授が中国の不良品に困っているということで、首相自身も中国に頼りすぎたと発言、中国依存を認めたのだが、中国からマスクや防護服を輸入しないという措置はとるのだろうか?今の自民党だと中国の顔色を伺って不良品を輸入しかねない・・・。(2Fをはじめとする親中派が多いので端から疑問だ)

最後に、このような未曽有の異常事態に見舞われたのは政府のせいではないが、中国の春節の時期に入国をストップすれば、もっと感染者が少なく済んだはず。こうなってしまったのは今言ってもどうにもならないが、医療現場で頑張っている方が差別や偏見がある中で必死になって頑張っていると山中教授も言及しており、首相自身も国民(特に大学生、専門学校生など)が困窮しているのを認識しているのであれば、給付型の奨学金どうこうじゃなくて、学生なら一律とか、明日から医療従事者なら処遇改善を議論するとか、そういう素早い対応ができないのかと心の底から思う。

ちょっと読みづらい文章になってしまいましたが、少しでもこの気持ちが伝われば幸いでございます。ありがとうございました。