きおろし

とある大学生のブログ

ひどい政府は愚かな民が作る(福沢諭吉)

f:id:ogw0206:20200520001358j:plain

ひどい政府は愚かな民が作る

この言葉を聞いたことがあるでしょうか・・・?

この言葉は慶応義塾大学の創立者福沢諭吉の「学問のすすめ」の中で見つけた言葉です。私はこの本を読んだことはないのですが、今日寄った本屋でたまたま見つけて、パラパラっとしてたら(!)、この言葉が飛び込んできたのです。私はその時、初めて知りました。

実はこれから渋沢栄一の「論語と算盤」を読もうとして本屋に行ったのですが、学問のすすめが隣に置いてあり気になったので見てみたのです。その中で見つけました。(なんと偶然・・・)

私はこの言葉自体は今日初めて知りましたが、政治の質=国民の質というのは以前から知ってました。しかし、この言葉にはかなりの衝撃を受けました。

なぜなら、今に始まったことじゃないですけど、最近自民党が勝ち続けてることによって緊張感が全く見られないじゃないですか。もはや彼らのやり放題じゃないですか。

しかもこの自民党ってあれですよね、憶測ですけど「なんとなく」で投票した方、多いんじゃないですか?(違いますかね・・・私はそんな感じします)

こうなれば、自民党は落選しないので、なんでも自分の好きにしちゃう。

消費税増税したり、なんだかよくわからない商品券だのなんだの・・・それで給付金は遅くなるし・・・。(昨年の増税前にリーマンショック級のことがあれば、消費税を戻すって言ってたけど、あれ嘘なの?リーマン余裕で超えてんだけど)

そんな中でも倒産したり、自殺者が出たりしてるんですよ・・・?モタモタしてる暇ありますか?日本のプライマリーバランスだとか今はどうでもいいです。今は人を救うことに集中しろってんだ。

それに習近平国賓とか舐めてるんか??としか言いようがない。

政権交代の時の緊張感は、どこへ行ってしまったんでしょうか?

私は2013年は中学生でしたので、政治なんて全然わかりませんでしたが、動画さえ見れば今よりよっぽどマシだってことだけはわかります。

www.youtube.com

この動画をみたのはかなり前ですが、すごく印象に残っていました。

当時は中国に対しても毅然とした対応をしていますね。最後に言及されていた安全保障も経済も今となってはだめだめですね。

最近の検察官の定年延長もそうですけど、景気が悪化することをわかっていながら増税したり、中国でコロナが流行っていたのに入国をストップしない、PCR検査を増やさない、10万しか配らないし遅い・・・

あげればキリがありません。

もし国民全員が政治に対して監視の目を光らせることができるのであれば、こんなことにならないですよね?何しても国民は自民党に入れてくれると思ってるので、彼らはやり放題。

これぞ「ひどい政府は愚かな民が作る」 ではないですか?

note.com

これを助長するのは、政治の話をすると嫌悪感が漂う日本人の雰囲気だと私は思っています。

とにもかくにも、私たちの世代(現在の大学生などの若者)は政治の発言をすると嫌がるんですよ。

実はちょっと前に、私は少し前までTwitterのアカウントを持っておりまして(かなりフォロワーが少ない)、そこで一言一句覚えておりませんが、要約しますと、

 

 

 検察庁法改正に抗議って言うのはいいけど、お前らは選挙に行ったか?前回の参院選の20代、30代の投票率は約20%だったけど、なぜ選挙に行かないんだ?そして選挙に行っても、なんとなく自民にいれるからこうなるんだろ。

 中国や北朝鮮とかの独裁国家では選挙権が欲しくてももらえない国があるんだから、それを無駄にしないでくれないかな。

というような感じでつぶやきました。

まあ、わかってますよ。

お前、何言ってんの?

って、なりますよね~。

なに?北朝鮮?中国?私たちには関係がない。

いちいちうるせーんだよ黙ってろ。

選挙に行ったところで変わんねーし。

政治の話?頭いいアピール?きもちわるっ!!

↑実際最後のやつなんてTwitterで遠回しに言われたのは事実です。(笑)結構政治的な発言している方にリプしたりして政治のことばっかりだったので、タイムラインに頻繁に表れるのが気持ち悪かったのでしょうか。

リムるのは気が引けたので、いっそアカウントを消しました。アカウントを消すか別垢でやるか迷ったのですが、そのころはTwitter依存症になりかけていたので垢消してTwitterごとやめようという決断をしました。(笑)

そして別の方には、先程の私のツイートがきっかけでリムられました。

感情的につぶやいてしまったので、その点はお詫びしなければなりませんが、主張に関しては一歩も譲るつもりはありません。だって事実じゃないですか。若者の投票率が低いのも事実、独裁国家で選挙権をもらえないのも事実。その事実に対して目を逸らしたり、受け入れないことはおかしいと思います。

先ほどの私のツイートにも書いたように、中国には(国政・地方などの公の)選挙がないんですね。

中国人が日本に来ると、日本の民主主義に感動するみたいです。街頭演説だったり、選挙権があることに。それが当たり前でない国があるってことです。

何よりもそれを証明できる記事があります。

 

www.sankeibiz.jp

この2ページ目にこんなことが書いてあります。

 

 

共産党一党支配の中国には村のレベルを除いて自由に直接投票できる選挙はない。上海在住でSNH総選挙に500票分の投票をしたという周成龍さん(30)は、「投票を通じて自分たちの世界を変えることができることに達成感がある」と話した。上海在住の別のファン、黄哲人さん(24)は、「アイドルの側も投票するファンを大事にしてくれると思う」と言い、“選挙権”を持つことの意味を感じ始めたようだ。

すごいですよね。我々は選挙で政治は変えられるとは思ってますけど、世界を変えることができるとまでは思ってません。それだけ投票権を持つことにあこがれているのでしょうね。

 

www.huffingtonpost.jp

 

この記事でも、好きな人に投票できることがいかに素晴らしいか物語っています。

 

 

《中国には選挙はありません。だからそもそも、「国民」という意識がないんです。私は中国にいる時、「自分は中国国民だ」という意識もありませんでした。日本には選挙があるのに、投票に行く人が少ない。すごくもったいないです。自分も中国にいた時は政治に興味がなかったですが、民主主義の日本に来て、政治に興味を持つようになりました。日本の若い人には、もっと政治に興味を持って欲しい。選挙権、被選挙権があるという有り難さを知ってほしい。好きな政治家、好きな政党で良いので票を投じるというアクションを通じて、国を良くしていくという気持ちを持ってほしいです。》

 

本当に、選挙にいかないのは、もったいなすぎます。

みんなちゃんと選挙に行って、国民が政治を監視できていれば、春節で中国人をいれることもなかった。今だって現金を出し渋ることもなかったでしょう。

どうせかわらない・・・と思わないで、みんな選挙に行ってほしい。

選挙に行かないのであれば、今回検察の件でとやかく言うのはおかしいと思います。

 

昨日の夜にこの動画を見たのですが、

 

www.youtube.com

 

 

「この人(麻生太郎)を財務大臣とか、元は総理大臣ですけど、あるいは今の安倍総理大臣もそうですけど、そういう政治家を生み出しちゃったのって我々(国民)じゃないですか。 だから結局国民の問題であるっていうことで、国民が騒いで「お前いらないからどいてくれ」というようなことを、煽りにあおってもやらなきゃいけない時期だと思うんです。」

 

これは全く三橋さんのおっしゃる通りで、我々国民が国会議員が好き勝手やっても何も言わないから、こうなるんです。

時間がない方は12:10から見てください。私がこれまで述べてきたことと似た内容を対談されています。

 

ダラダラとした感じになってしまったので、私の言ってることがまとまっていないのですが、なんとなくで投票するんじゃなくて、よく考えたうえで選挙に行ってほしいです。そして、せっかく民主主義国家に生まれたのですから、大事な選挙権を無駄にしないでください。

投票したい人がいないのであれば、白紙投票のほうが100倍もマシです。とにかく国会議員がいい加減なことをしたら落選してしまう・・・と思わせればいいんです。だから、投票したい人がいないから自民党なんてことはやめてください。

投票したい人がいないなら、白紙で投票してください。

お願いします。

mirai-senkyo.com

 

最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。